ご縁をいただいて

 

日にちは遡りますが今年10月、ご縁をいただき熊本市にある

医療型障害児入所施設・療養介護施設に研修に参りました。

 

これまで余りに感動が大きく、言葉を紡ぐことができませんでした。

 

こちらは重症心身障害児施設で入所利用者の療育だけではなく、

在宅の方も含めた障害児・者のための総合的な支援施設です。

 

テーマは「福祉従事者の接遇マナー」

~対人援助職として基本的な人と向き合う姿勢~

 

研修前夜に施設長をはじめ研修担当者と会食。

忌憚のない意見交換をし、当日は施設内をラウンドして

スタッフの働く姿を見学してから研修に入りましたが、

重症心身障害の利用者の世話をする職員の

信念を持って関わる真摯な姿を目の当たりにし、

研修前から感極まるものがありました。

 

研修では接遇五原則以前の「ひとりの人間として

大切にして欲しいこと」を伝えました。

そして福祉従事者としての「必須条件」と「十分条件」も。

必須条件とはテクニカルスキルを磨くこと。

十分条件とは人としての“思いやり”“優しさ”

“温かさ”が感じられる関わり。

つまりはヒューマンスキル(人間性)が高い人であって欲しいと…。

もう十分に出来る人たちですので、労をねぎらいながら

再確認のための時間になりました。

 

研修後、強く心に誓った思いがあります。

これからの時間、いままで以上に全力で

福祉の現場で働く人を支えて行くと…。